日本事務処理サービス株式会社

ブログ

BLOG

BLOG

22.07.11

キャリアのこと

【エンジニア女子のトーク会】いいところも、よくないところも聞いちゃいます。

女性エンジニア3名による仕込み、忖度なしの本音トーク会が開幕

今回は当社の女性エンジニア3名に集まってもらい、日本事務処理サービスについてざっくばらんにお話してもらいました。入社理由や会社の雰囲気、不満に思うことなど、すべて忖度なしの本音トークです。好評でしたらまた開催するかもしれないので、「ためになった」「面白かった」と思った方は、「いいね」ボタンでおしらせください。

▼登場人物(お話いただいたエンジニアはこちら!

・Oさん:入社5年目。回線の契約システムなどの開発を担当

・Kさん:入社3年。自動車の販売業務システムなどの開発を担当

・Aさん:入社2年目。児童が放課後を安全かつ楽しく過ごす場所を提供するサービス、トワイライトスクールの管理システムの開発を担当

日本事務処理サービスに入社した決め手って?

面接官の話で会社の雰囲気のよさが伝わってきた

(Oさん)自社のことについて改めて同僚と話す機会なんてあまりないので、少し緊張しますが、社歴の長いわたしがリードさせてもらいますね。では最初は恐らくみんな興味があるであろう「入社の理由」について。じゃあ、Kさん。なぜウチに入社したんですか?

(Kさん)かなり唐突なはじまり方ですね(笑)では。わたしは、職種はエンジニアで探していたんですが、大手企業は省いていました。中小企業のほうのが埋もれず自分の存在感みたいなのが発揮出来ると思ったから。日本事務処理サービスは社員数が少なすぎず多すぎずで、絶妙な数だからいいなと思いました。

(Oさん)たしかに。大手は母数が多い分、1人の存在感が薄くなりがちな気がする。Aさんは会社の規模とかは考えていましたか?

(Aさん)わたしはアパレル商社に入りたかったのですが、あまり上手くいかず…。それで、ここで働いている先輩がいて、日本事務処理サービスをすすめてくれたので、面接を受けてみようと思ったのがきっかけです。で、その面接で「ここ、ぜったい良い会社」って思ったのを覚えています。

(Kさん)どうして?

(Aさん)一言で言えばフレンドリーなんですが、面接が普通の会話みたいでまったく緊張しなかったんです。その時は江間社長とマネージャーの加藤さんが面接官だったんですが、2人の掛け合いみたいな会話がちょくちょくあって、面接なのに和んだ雰囲気なんですよ。それで自分も肩の力が抜けて、面接用の自分じゃなくて素の自分で話せたのが良かったです。

(Kさん)わたしも決め手は面接でした。面接なのに自然体でいられるんですよね。そんなんってありますかね?(笑)

過去一困ったことや、やらかしてしまったことは?

「叱られる!」と思ったら、まさかのアドバイス

(Oさん)面接に限らず職場の雰囲気はたしかにいいですよね?

(Kさん)はい。女性が少ないからかもしれませんが、男性陣の女性に対する接し方が優しい。上手く表現できませんが、大切にされている感じがする。

(Aさん)そうですよね。でも、男性同士の先輩後輩の関係も同じじゃないですか? みんな面倒見がいいんですよ。

(Kさん)それはそうだね。わたし、テストのエビデンスを消しちゃって、それで焦って「どうしよう?」となったことがあったんですが、それでも叱られませんでしたからね。納品用ではなかったからというのもあるかもしれませんが、先輩が諭すように再発しないためのアドバイスしてくれて、すごく救われたのを覚えています。

(Oさん)その先輩、誰だかなんとなくわかる気がする(笑)わたしは上司の話になるけど、「手術受けるために数日休むことできますか?」と相談したら、「いや、普通に休めよ」って言われたことがある。

(Aさん)いや、それは誰でもそう言いますよ。

(Oさん)でも、緊急性もないし、最悪受けなくてもいい手術だったから、それも話したうえでの「普通に休めよ」だったので、なんか優しいなって思っちゃったんですよね。

エンジニア女子から見た「ウチの会社」は?

みんなが何の仕事をしているのかが分かればもっといい会社になる

(Oさん)じゃあ、最後に「ここは改善してほしい、いや、ぶっちゃけ不満」みたいなのってありますか? ちなみにわたしはありません。と言うか1時間ぐらい考えないとたぶん出てこない。

(Kさん)ずるいですね(笑)不満ではないですけど、ウチのエンジニアはほとんどが客先常駐だから他の社員が何の仕事をしているかよくわからないんですよね。同じ出向先の人とチームでやってるからそこはいいんだけどね。

(Aさん)わたしは社歴が浅く、まだ自社勤務なので分からない部分もありますが、仕事情報を共有出来たら「あの人、あのPJTで◎◎やっていたから、ちょっとアドバイスもらってみよう」みたいなことが出来ますもんね?

(Kさん)そうなの。

(Oさん)それ、今度、江間さんか加藤さんに言ってみようか?

(Kさん)Oさんからお願いします!

(Oさん)わたしは不満はないから言わないよ(笑)

エンジニア女子のトーク会終了

ということで、日本事務処理サービスの「第一回エンジニア女子トーク会」はまだまだ話足りないまま閉幕。

終始和やかな雰囲気で話に花が咲いた素敵なトーク会になりました。Oさん、Kさん、Aさん、今回はありがとうございました!

そしてこの記事をお読みいただいている「他社でエンジニアとして活躍している皆さん」「就職活動中の学生の皆さん」

当社はこんな感じの会社です。まずはお気軽な気持ちで話してみませんか?「この会社ちょっと気になるかも」って思っていただけたら気楽にご応募ください!

他のトーク記事はこちら

独自の福利厚生NJSラウンジで過ごす業務後の一コマ

新卒採用チームの成長奮闘記2021〜2022年

NJSラウンジ Q&A アルムナイ アンケート エンジニア女子 エンジニア採用 エンジニア育成 オンボーディング タスクフォース フリートーク プロジェクト先 ベテランエンジニア マネージャー 人差し指 代表インタビュー 右腕の目線 採用コンセプト 文系出身エンジニア 新卒採用 業務後の時間 組織づくり 組織成長 育児休暇 若手チーム 面接について

ホーム

ブログ

【エンジニア女子のトーク会】いいところも、よくないところも聞いちゃいます。